布製バッグからの色落ち

今回は、布製バッグを家で洗ったら
色が出てしまった事例です。

ネットでの情報は、色んな人がやったことが
色々と書いてありますが、すべてうまくいくとは
限りません。

たまたま、そのやった人が、うまくいった
だけの事例もあります。

帆布バッグの色の落とし方みたいな
ものでも、その素材、色の出た状況
などの場合によっては、まったく
落とし方や処理方法など変わってきます。

できる限り、何もしない状態で
持ち込まれるのがベストですが
どうしても、こういったトラブルは
絶えず起きてしまいます(^_^;)

そして、色が出てしまったということで
あわてていろんな処理をすることで
余計にひどい状況になってしまいますm(_ _)m

今回は、青い色から色が出て、あわてて
ネットを見ていろんなことを試したが
落ちなかったという事例です。

ただ、青い色が出ただけならまだよかった
のですが、その後に頑張りすぎて
地色の生成り色まで、青い色の
外側に縁のように動いてしまっています。

こうなると、なかなか大変です(^_^;)

また、今回の帆布のバッグは、内側にも
コーティング加工されているものなので
余計に厄介なんです…(^_^;)

動いてしまった色を取り、その後に
また同じ色目になるように
色修正作業で復元していきます。

このような場合でもお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 修正液の染み抜き

  2. エルメスのバッグについたシミ

  3. 40年前のセーターのシミ

  4. ブーツについた油のシミ

  5. ダウンジャンパーの全体的な汚れ

  6. バッグについたシミ

Powered by Calculate Your BMI