国旗のシミ抜き

今回は、日の丸についたシミのシミ抜きです。

昔は、お正月や国民の祝日などで国旗を
掲げるところが多かったのですが、最近は
あまり見かけなくなりました(^_^;)

ただ、久しぶりに使おうと思ったら…

特に、白地のところにシミがあると
余計に目立ってしまいます。

国旗などは、仕舞っておいた状態が長いと
どうしてもシミ自体がかなり古く、つけたばかりの
シミとは違い、かなり時間がかかります。

ただ、しまう時には気が付かなくても
しまっている最中に何か付着したものが
シミとなって出てきてしまうことがあります
ので、長期間使わない時には、クリーニング
してからしまうようにしましょう。

このような場合でも、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. トートバッグについたカフェオレのシミ抜き

  2. 40年前のセーターのシミ

  3. 脇の下の部分変色

  4. キャンパスバックの蛍光ペン染み抜き

  5. インクのシミ

  6. カシミヤカーディガンの染め替え

Powered by Calculate Your BMI