レザーバッグにアルコールがついてしまうと…

今回は、消毒用アルコールを手にかけようとして
それが、レザーバッグについてしまった事例です。

最近、コロナウィルス感染予防のためにアルコールを
つかった手への除菌などが多いですが
どうしても、店頭入り口にあるようなハンドスプレー
タイプのものは、ブシャっと出てしまいがちです。
このようにレザー製品にアルコールがかかると
レザーの表面が色落ちしてしまいます…

部分的に剥げているところと同じ色を作り、傷んだ
部分だけを修正をすることで、目立たなくすることが
できます。

手などのアルコールの消毒をするときには、レザー製品を
近づけないようにお使いください。

万が一、レザーにアルコールがかかっても
そのまま何もせずに、お持ちください。

こすると、もっとひどくなってしまいます。

このような場合でも、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. レザージャケットの部分色修正

  2. キャンパスバックの蛍光ペン染み抜き

  3. 脇のシミ?

  4. スカート 脱色修正事例

  5. コーチ(COACH)バッグのシミ抜き

  6. インクのシミ抜き