レザージャケットの部分色修正

今回はレザージャケットの部分色修正になります。

最近のレザーの特徴として、軽くて柔らかく薄く作られていて
昔ながらの染色方法が少なくなってきました。

そうなると、染料など、仕上げの染料や顔料が
薄くついていることもあり、日焼けで簡単に
退色してしまうケースが多くなってきました。

今回の事例も、保管の際に日に当たる場所に
保管しておいたら、部分的に日焼けしてしまった
事例です。

抜けているところを、同じ色を作り、できるだけ違和感なく
色修正作業で仕上げていきます。

このような場合でも、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. スエードについた飲み物のシミ

  2. アルコール手指消毒によるバッグの変色事例

  3. ムートンコートの日焼け

  4. レザージャケットのヤケ修正

  5. レザージャケットの色ハゲ

  6. 靴に浮き出してきた白いシミ