今回はレザーの染み抜きの部分処理になります。



お客様自身でシミ部分をこすってしまいましたが
何も変化がなく、落ちないということでお持ちいただきました。

このようなシミの場合、できるだけ何もしないで
お持ちいただくのがいいのですが…(^_^;)

そうしても、落ちるんじゃないかと触ってしまいたく
なる気持ちを抑えてください(^_^;)

クリーニング屋さんの中でも、いじって余計にひどく
する場合がありますが、洋服などの繊維と違い
いじることで確実に落としにくくなってしまいます。

もし、レザーについたシミ抜き依頼する場合は
必ず、経験があるか?ないか?を確認してから
依頼されるか、ホームページに掲載されている
事例などを参考にして依頼してください。



今回は、中の方までシミが浸透してしまい、シミ抜きでは
対応できない案件でしたので、同じ色を作って
隠蔽する作業が必要になります。

チョットでも色目が違うと、違和感が出てしまいますので
できるだけ、違和感のないように仕上げしていきます。

このような場合でも、お気軽にご相談ください。