ルイヴィトンバッグの色のにじみ

ルイヴィトンのバッグですが、外側は白で、内側が赤が使われていて、その部分から色がにじんでしまった事例です。
それぞれ異なった色を使っている場合、内側が濡れてしまったりすると、濃い色から色がにじむことがあります。
今回、ルイヴィトンの特徴でもあるモノグラム・キャンバスですが、そのまま色を抜く処理をしてしまうと、素材にダメージを与えてしまいますので、特殊な方法で元の状態に復元させていく作業が必要になります。

関連記事

  1. 時間の経過した古いシミ

  2. 他店で落ちなかったシミ

  3. 衿の変色

  4. 40年前のセーターのシミ

  5. 帽子のクリーニング、シミ抜き事例

  6. レザージャケットについた衿の汚れ