ダウンジャンパーの全体汚れ

ダウンジャンパーの全体的な汚れ事例です。
寒い季節はどうしても毎日着用してしまうこともあり、クリーニングのタイミングとしては春先などにダウンを洗うことがありますが、本来ならば汚れる前に「中間洗い」をすることで、汚れが蓄積されることを防ぐ効果もありオススメです。
今回のように汚れが蓄積された場合、全体的なシミ抜き処理をした後、Wクリーニング(ドライクリーニング・ウェットクリーニング)でさっぱりさせ、ダウン本来の「ふっくら感」も取り戻すことができます。

関連記事

  1. マニキュアのシミ抜き

  2. レザージャケットについた衿の汚れ

  3. スラックスについた水性ペンキのシミ抜き

  4. ジャケットについたインクのシミ

  5. ジャンパーについた色のシミ抜き

  6. ソファーの落書き