ジャケットの変色修正

首かけタイプの除菌グッズは、一時期流行したのですが、これをお使いになる時に、ちょっと注意が必要です。
商品名でいうと「クレベリン」などはウイルス除去・除菌をうたっている商品ですが、主成分に「二酸化塩素」を使われているため、すぐには起こらないのですが、長い時間かけていることで脱色のリスクがあります。
こちらの商品も、前年にクレベリンの首掛けタイプのものを使っていましたが、翌年、着用と思ったらこのように脱色していたとのことです。
このような場合、抜けてしまった所に、元色と同じになるように染料を調合し、部分的に染色作業で修復していきます。
人と会っているくらいの距離であれば、わからないくらいのレベルでの修復になります。

関連記事

  1. ベストについたパスタのシミ

  2. ドロ汚れ

  3. レザージャケットの脇の汗シミ

  4. 40年前のセーターのシミ

  5. ポスターカラーのシミ抜き

  6. 毛染めのシミ抜き