コートをしまっておいたら、出てきたシミ

保管中に出てきたシミ抜き事例です。
クリーニングして保管されていたそうですが、数年たってから着用しようと思ったらシミが浮き出てしまったそうです。
これは、長期保管などの影響で空気中の酸素と、透明ではあっても残っているシミの成分が反応してしまう(酸化)ことが原因としてあげられます。
こうした場合でも、全体的に特殊な復元処理をすることで、元の状態に戻すことができます。

関連記事

  1. ダウンジャンパーの全体的な汚れ

  2. ポロシャツ 赤ワインのシミ

  3. 国旗のシミ抜き

  4. ジャケットの変色修正

  5. セーターからの色の滲み

  6. 布製バッグからの色落ち