アルコール手指消毒によるバッグの変色事例

昨年の春先からの新型コロナウィルスの影響で
手洗いの他、飲食店や小売店やスーパーなどに
入る際にもアルコール消毒液が入り口に
置かれている事が多く、アルコールによる
手指消毒などが行われることが多くなりました。

それに伴い、バッグなどのレザー製品にアルコールが
かかってシミや変色、脱色などの相談が
急激に増えました。

まだ新型コロナウィルスの感染拡大がある中
どうしても手指消毒には必要なものなのですが
できるかぎり、バッグなどの革製品をアルコールスプレーが
かからないようにしていただくことが重要です。

万が一、アルコール成分がついてしまった場合
できるだけ自分自身では触らない状態にて
いただくことが、キレイに修復することが
できるかと思います。

 

関連記事

  1. スエードジャケットの日焼け修正

  2. ルイヴィトンバッグの染み抜き

  3. レザージャケットの色ハゲ

  4. レザージャケットの脇の汗シミ

  5. レザージャケットの色あせ修正

  6. お財布についたシミ