衿の変色

今回は、衿の変色の修正事例です。

そろそろ暑さも和らぎ、夏物衣料もしまう季節に
なってきましたが、Tシャツや下着は汗がついたら
すぐに洗うのに、夏場着用したジャケットなどは
そのシーズンに着用しっぱなしのことが
多いかと思います。

夏場の暑い時期に着用した品物は洗ってから
しまうようにしましょう!

でも、今回の事例は、着用して汗が付着したということで
お預かりしましたが、確かに襟汚れもありますが
衿山が首に当たって脱色もしています。

こうなってしまうと、汗抜きの染み抜きだけでは
キレイにすることが出来ません。

部分的に色を入れることで衿山の黄ばみを
目立たなくさせていきます。

こういった場合でも、ただシミ抜きするだけではなく
元の状態に近づけることができますので、お気軽に
ご相談ください!

関連記事

  1. 帽子の色あせ修正

  2. 新しい洗濯表示の見方

  3. ジャケットについたインクのシミ

  4. Tシャツのシミ抜き

  5. ブーツについた油のシミ

  6. デニム生地の脱色修正