脇の脱色事例

今回は、脱色の修正事例です。

夏物のブラウスですが、洗わずにしまっておいたら
このような状態になってしまったそうです…

なぜ、このようになってしまうのでしょうか?

原因はいくつか考えられますが、汗の成分が
残ったまましまって、それが染料と反応し
脱色してしまったと推察されます。

今回はこのように脱色してしまいましたが
脇が黄色くなってしまうのも、同じ現象です。

汗をかいたものは、クリーニングしてから
しまうようにしましょう。

このような場合でも、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 時間の経過した古いシミ

  2. ベストについたパスタのシミ

  3. レザージャケットについた衿の汚れ

  4. エルメスのバッグについたシミ

  5. ダウンジャンパーの全体汚れ

  6. セーターからの色の滲み