水玉からの色出

今回は水玉模様のお品物を家で洗ったら
色が出てしまったという事例です。

よくあるケースなのですが、そもそもなぜ色が出るんでしょうか?

水や洗剤など様々な要因がありますが、生地の段階でしっかりと色止めされていなければ色が出るケースがあります。
そこで、できるだけ、色を出さない工夫があります。

それは「濡れた状態で長く置かない」ことです。

濡れている間に染料は動いてしまいやすいので、早めに乾燥させる事が重要ですね!

全体的に水玉が色出していましたので、1つずつ、丁寧にシミ抜きしていきます。

もし、このようなケースでも、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ペンのシミ

  2. 新しい洗濯表示の見方

  3. レザージャケットの脇の汗シミ

  4. 合成皮革バッグに消毒用アルコールが付着すると…

  5. 衿の変色

  6. カシミヤカーディガンの染め替え