他店で落ちなかったシミ抜き事例

今回は他店で落ちなかったシミの事例です。

よくシミ抜きに出しても、シミは落ちませんでした
というカードと共に、商品が返ってくることがあります。

でも、そのうちの何割かは、落とすことができます。

では、なぜそのようなカードがついてくるんでしょうか?

 

一つ目の理由は、シミ抜きの考え方です。

シミは落ちていなくても、とりあえずやったから
という考え方。

これ以上やると、色をはがすので、やらない
という考え方。

それぞれのクリーニング店の考え方がありますが
中には、物理的に不可能な場合や
本当に生地を痛めてしまう可能性がある物も
あったりします。

でも、その状態でくるのは、極稀なことで
そこまで踏み込んで染み抜きをやらないのであれば
そんな看板は、下げてしまっておいた方がいいです。

お客様は、その看板を信用してシミ抜きを
依頼しているんですから…

今回も、他店で落ちなかったという品物でしたが
他店で処理をしてあったため、最初のシミから
違うシミへと変化していて、時間はかかりましたが
落とすことができましたm(_ _)m

こんな場合でも、当店に一度、ご相談下さい

 

関連記事

  1. インクのシミ抜き

  2. 白衣の油性ボールペン染み抜き

  3. インクのシミ抜き

  4. ジャケットの全体黄ばみ

  5. コーチ(COACH)バッグのシミ抜き

  6. 靴についたインクのシミ抜き

Powered by Calculate Your BMI