バッグについたシミ

今回はバッグについたシミです。

使わずに保管しておいたら、このようなシミが出てしまったという状態です。
使っていなくても、空気中の湿気をすってしまい、このようにシミになってしまうことがあります。

今回のシミ、なかなかの強敵でしたが…

全体的な漂泊と、残った部分をシミ抜きで対応することでキレイにすることができました!

今回のバッグは、レザーなどの装飾品がなかったのでうまくいきましたが、ここにレザーなどがあると、ここまでの処理はできないかもしれませんので、予めご了承ください。

このような事例でお困りの場合も、お気軽にご相談ください。

 

関連記事

  1. ブラウスの脇の汗ジミ

  2. 毛染めのシミ抜き

  3. バッグについたペンキのシミ

  4. コートに付いた古い血液のシミ抜き

  5. ソファーの落書き

  6. 血液のシミ抜き