スラックスについた水性ペンキのシミ抜き

スラックスについた水性ペンキのシミです。
ペンキがついてしまうと、どうしても取ってしまいたくなるかと思いますが、あまり無理な処置をしてしまうと、毛羽立ったり、生地がダメージを受けてしまいます。できましたら、そのままの状態でお持ちいただければ、落ちる確率が上がります。

関連記事

  1. マニキュアのシミ抜き

  2. ボールペンの染み

  3. 血液のシミ抜き

  4. スエードジャケットの染み抜き

  5. レザーからの色移り

  6. ワインの全体シミ抜き