ジャケットについた不明のシミ

今回の事例は、ジャケットの背中に不明のシミがついてしまった事例です。

一度、他店でシミ抜きをしてもらって、落ちないということで返された商品です。

シミをよく見てみると、周りに「ぼんやり」シミが
動いたあとがあり、落ちないというか、一度処理して
そのままの状態にしてしまったということでしょう。

シミが「ぼんやり」とでも動く場合には
シミが動くという証拠になります。

一度、動かしてそのままにしてしまうと
そのシミ自体の成分が変わってしまい
かえって落とすことが困難になる場合が
あります。

 

関連記事

  1. シミ抜きして色がにじんでしまったら

  2. マッキントッシュコートのシミ抜き

  3. 他店で落ちなかったシミ抜き事例

  4. 夏物の洋服の修正加工(全体処理)

  5. ソファーの落書き

  6. コーチ(COACH)バッグのシミ抜き