シミ抜きして色がにじんでしまったら

今回は、ご自身でシミ抜きをして失敗した事例です。
シミを抜こうとして、周りから色が出てしまい、なおシミが落ちていない状態です。

まず、シミを抜く前に、にじんでしまった色を抜いていきます。

にじんでしまった色を除去したあと、本題のシミ抜きをします。
この時、にじんだ色を抜いたので、周りがぼんやりと白っぽくなっています。
これを、他の部分の元の状態に染色補正していきます。

このように、シミだけを除去するのはそんなにも時間がかかりませんでしたが、周りに色がにじんで、シミが残っている場合、複数の工程が必要になり、それによってリスクも高くなるシミ抜きになってしまいます。
シミ抜きは、できるだけ無理な処理はしないでお持ちください。

関連記事

  1. 血液のシミ

  2. 余計に広がってしまったシミ

  3. 脇の脱色事例

  4. シミが残ってしまっている場合

  5. ラーメンのスープのシミ

  6. シャツのシミ