今回は、平成28年12月1日から施行される新しい洗濯表示の見方です。

新しい洗濯表示のメリットはこちらです。
15239406_1195710700507717_2098430674_n

変更になることにより、洗濯のより細かな情報が載せることができ
また取扱によるトラブルが軽減されることがメリットとなってます。

新しい洗濯表示の覚え方は、簡単です!
こちらの基本となる5つの洗濯表示+付加記号の組み合わせでなんです。

15281008_1195710690507718_764443171_n

基本記号とは「家庭洗濯」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」の
5つの基本記号に処理の強さ、温度、禁止事項を組み合わせたもので
基本記号をマスターすると、おおよそわかると思います。

15319371_1195710693841051_571286713_n

新しい記号と、旧記号を見比べると…
15310594_1195710710507716_1457591995_n

そんなに難しくは感じませんよね(*^^*)

ただ、洗濯記号の中で「○」のクリーニングですが
家庭洗濯のマークが「☓」でクリーニングに「○」がついていたら
クリーニング店に出してくださいということが
より明確になります。

家庭用洗濯機の「ドライコース」などがありますが
家庭洗濯のマークに下線2本のものがそれに相当します。

家庭洗濯のマークに「☓」がついていて、○にWマークが付いていたら
家庭用洗濯機のドライコースでは対応していませんので、注意が必要です!

 

実際の商品は、来年の春夏の衣類からがメインになるとは
思いますが、この機会にぜひ覚えてくださいね!